ネコ案内~毒ネコとの楽しい日々~

ネコの行動に関するギモンに応え続けるネコ総合情報サイト

猫が香箱座りをする意味と気持ち。しないネコにはこんな理由があったなんて!

香箱座りで眠る猫

 

!!・・・・こ、・・こ・・・

 

香箱座りだ!!(しかも寝てる!) 

 

さとみが寝てるので今日は私が解説していきましょう。香箱座りとは、

 

おいハゲ。

あ、起きた・・・。

 

 

猫が香箱座りするときはどんな気持ち?

と、いうことで今日は香箱座りについて説明するよ。猫はどんな気持ちの時に香箱座りになるんだろう。

そもそも香箱座りとは?

香箱座りっていうのは、写真のように前足と後ろ足をお腹の下に折り畳んで座っている状態のこと。「箱を作る」「香箱を組む」なんていう言い方もされるよ。

香木や香料を入れる箱に形が似ているからこんな名前がついてるの。

 

私たちよりも大きいライオンやトラには真似できないだけの座り方なんだよ。

確かに箱みたいな形になってるけど、私の飼い主は「いもむしスタイル」っていう訳の分からない呼び方をする。失礼しちゃうよね。

香箱座りはどんな時にするの?意味は?

初めて見た人は「寒いのかな?」「手、痛くないのかな?」なんて心配するけどそんなことはないよ。

 

この座り方をする仲間は室内で飼われているコに多く見られるんだ。

足を下に折り畳んでいるから、急に敵に襲われたりしてもすぐには立ち上がれないよね?

だから外ではこんな座り方できないの。

 

この体勢になるとき、猫はその場所が安全でリラックスできるっていうことを知っているからなんだよ。

リラックス状態は中!寝てたら大!

そんな香箱座りなんだけど、100%リラックスしているわけじゃない。

猫はさらにリラックスしていれば、お腹を出して寝転んだりもっと伸びて顎を下につけるような寝方になるの。

 

香箱座りのときは「半分リラックス」

ある程度はすぐに立ち上がれるような状態にしているんだよ。

人間でいうところの居眠り。

デスクに肘をついてウトウトしてるような感じかな。

注意されたら「え?寝てないけど?(;・ω・)」ってね。

 

そのまま深くリラックスしていくと首が落ちてきて眠っちゃうんだ。これはデスクに突っ伏しているような状態だね。こうなると、

「せんせい、佐藤くんが寝てまーす」ってなってるから、安心しきってる証拠だよ。

 

じゃあ、さっきは安心しきってたって事?

・・・。

ねえねえ、そうなの?(ニヤニヤ)

・・・。

スポンサーリンク

 

うちのコ、香箱座りしないんだけど。

片足を出して寝る猫

同じ室内飼いの仲間でも香箱座りするコとしないコがいるよ。

似たような座り方はしても、足はしまっていなかったり(スフィンクス座り)するでしょ?

いったいどうしてなんだろう?

リラックスできていない。

そのオウチに来てから日が浅かったりして、場所に慣れていない。

お気に入りの場所がない。

なんていう理由で、まだ警戒しているのかもしれないね。

あと、外に出かけることのある仲間はしないかも。

私たちが安心できる場所があって、時間がたてば自然とするようになるよ♪

品種や骨格によってはできないコもいる?!

リラックスうんぬんは関係なく、体型や骨格の問題で物理的にできない仲間もいるみたい。

特に、比較的足の長い洋猫は折り畳むのが大変なんだって。

 

もちろん日本猫の場合でも得意なコとそうでないコがいるよ。キレイに折り畳むコもいれば、片足だけ出てたり、それぞれの座り方があるみたい。

人間でも手足の長い人、短い人、アヒル座りが得意だったり正座が好きだったりするでしょ?

飼い主さんへ。

猫が香箱座りを見せるのは飼い主さんだけかもしれません。

リラックスしているので、あまりちょっかいを出したりカメラを向けたりせずに、ニヤニヤしながら見守っているぐらいがいいのかもしれませんね(^^)

 

 

なるほどねー。(ニヤニヤ)

ところで、さっき写真とったよな?

え?あ、いや、その・・・

 

かにかま買ってこいよ。

 

はい・・・。