ネコ案内~毒ネコとの楽しい日々~

ネコの行動に関するギモンに応え続けるネコ総合情報サイト

猫缶やウェットフードの時間はどれくらい持つ?正しい餌のあげかた。

みなさんのお家の猫ちゃんは、カリカリ派ですか?それともウェットフード派ですか?おそらくカリカリ派のほうが多いかなと思います。

なぜなら、「長持ちするから」「安くたくさん買っておけるから」「ウェットフードを食べないから」といった理由があるでしょう。

ウェットフードなどは、一晩くらい置いておくと、かぴかぴになっていたりして、猫がすぐに食べてくれないとそのままゴミ箱へ、なんてことも多いはず。

猫は、出したばかりのウェットフードは食べず、飼い主さんが見ていないときにだらだら食いをすることも多いですよね。

ところで、猫缶やウェットフードはどれくらいの時間放置しておいても大丈夫なものなんでしょうか?栄養は?安全は?

夏場なんかに長時間留守にするとき、ウェットフード派の猫ちゃんにおいて行くウェットフードの量や大丈夫な時間の目安が気になりますよね。

 

本当は1時間も置いておけない!ウェットフードは置き餌にしちゃダメ!

実は皆さんが思っている以上に寿命の短いウエットフード。間違えた使い方をしていませんか?

ウェットフードって何だにゃ?

ウェットフードとは、一般に水分量が75%以上の猫の餌のこと。種類としては、缶詰タイプのものや、パウチパック、スープやゼリー状のものもありますよね。カリカリと比べてねこちゃんの食いつきがよく、値段はカリカリより少し高めであることが多いです。

ウェットフード一覧

夏場は本来すぐに食べきってくれなければ困る、置き餌なら冷房を

さて、肝心の出してから安全に食べれる時間の目安ですが、想像よりも早く、理想は30分以内です

これは、夏や梅雨の時期の目安で、ウェットフードはその水分量から暑いところに放っておくとすぐに腐ってしまうから。ウェットフードは、本来置き餌としての目的ではなく、1回で食べきることを目的としたタイプの食べ物なんですね。

ウェットフードを長時間放置するということは、人間が残ったお米をそのまま放置しているようなものです。

ちなみにこの目安は、高温多湿での話ですので、涼しい場所、冬場などは半日程度なら問題ないとされています。もしも置いたまま留守にする場合、冷房などで室温を下げてください。猫ちゃんにとっては味や臭いにはあまり変化が無いため、食べてからお腹を下す、吐いてしまうといったケースもあります。

猫缶が余っている場合

あまり量を食べない猫の場合、缶詰タイプのものだと2回、3回に分けて与える、といった飼い主さんもいるでしょう。

その場合、ラップをピッタリかけて、冷蔵庫で保管。それでも1日中にはあげるようにして、もしも食べなければもったいないですが捨てるようにしましょう。

ウェットフードのメリット・デメリット

 

1・食いつきがいい

これは普段カリカリを与えている猫に多いですが、ウェットフードの方が香りも強く、猫ちゃんの食べも良くなります。かといって、ウェットフードばかりあげていると飽きて食べなくなったりするんですけどねえ^^;

 

2・水分補給に

スープタイプのものなどはネコの水分補給代わりになります。あまり水を飲まないコなんかはこれで水分をとらせてあげるといいでしょう。もちろんこれだけに頼ってはいけませんよ。

 

3・ストレス解消に

カリカリだけをずっと与えていると、人間でいえばスナック菓子ばかり食べているようなもの、ネコは狩猟動物ですので、生肉が恋しくなります。

ウェットフードは、食感や香りがそれに近く、食べさせることで喜びを感じられます。

ウェットフードはいつあげるのが正しい?正しい餌のあげ方とは

ウェットフードだけでも栄養面で偏るし、カリカリだけではフラストレーションも貯まるし、飽きてくると食べてくれなくなったりしてしまいます。人間でも毎日同じものを食べていれば飽きるし栄養が偏るのは当然でしょう。

スポンサーリンク

 

ウェットフードは夜ご飯やご褒美として

では、どんな配分であげるのがいいかというと、昼間や留守にするときはカリカリで、夜ご飯や飼い主さんが家にいるとき(夏場なら冷房が効いているとき)に、置き餌としてではなく、あくまで一食分として。その時に食べきらなかったら諦めて捨てましょう。そのうち「ウェットフードはすぐに食べないとなくなる」と覚えてくれますよ^^喜んで食べるコなんかはおやつの代わりにしてあげるのもいいですね。

置き餌はカリカリ。ウェットフードは飼い主さんがいるときに

 ウェットフードは決まった時間などにご飯やご褒美として、普段置いておくのはカリカリと決めておきましょう。どちらか一方ではなく、いろんな食事を猫ちゃんに楽しんでもらうようにしましょうね。